富川悠太アナの鬼嫁が児童虐待疑惑の噂は本当?妻の富川美季さんと子供の現在を調査!

テレビ朝日富川悠太アナ テレビ朝日
スポンサーリンク

富川悠太アナの鬼嫁が児童虐待疑惑という噂は本当だったんでしょうか?

新型コロナに感染した富川アナが自宅療養中の出来事として文春が報じた、妻の富川美季さんによる児童虐待疑惑は現在どうなったのでしょう。

テレビ朝日の富川悠太アナウンサーは2020年4月に新型コロナに感染して、報道ステーションのメインキャスターを2カ月ほどお休みしました。

そして6月に報ステに復帰しましたが、出演は週4回だったのを週2回に減らされて、出演のない日はリポーターを務めるという事実上の降格扱いになり、1年経ってもそのままです。

富川悠太アナが自宅療養中に起きたという児童虐待事件と、妻と子供たちの現在を調査してみましょう。

文春砲による富川悠太アナ妻のDV事件とは

文春が報じた富川悠太アナ妻のDV事件とは、富川悠太アナの自宅に警察と児童相談所職員が駆けつけるというトラブルがあったというものです。

虐待が疑われたのは富川悠太アナではなくて、中学生と小学生の二人の男の子の母親である富川アナの妻の方です。

近隣住民の証言とは

文春の取材によれば、富川悠太アナ妻がDVの疑いを持たれたのは複数の近隣住民の証言によるとのことで、根も葉もないウワサ話というわけではなさそうです。

「“黒い家”って、このへんではかなり有名なんですよ。あの日も『てめえはホント馬鹿だな!』と火のついたような怒鳴り声が聞こえていた。『ぎゃあ』とか『あぁ~』とかお子さんが激しく泣きわめいている声が聞こえてくるので、うちの子は怖がっていたんです」

文春には、「5月3日(日)の午前1時頃、都内のとある閑静な高級住宅街の一軒家に、警察官と児童相談所職員が駆け付けるトラブルが発生」とあり、このトラブルが富川アナが自宅療養をしている期間に起きていたことがわかります。

文春が公開した富川悠太アナ妻の音声

しかも、文春が公開した富川アナ妻と子供だという音声からは、口汚く怒鳴り散らす女性の声と子供の悲鳴が聞き取れます。

累計で123万回以上も再生された音声がこちらです。

「だからお前は脳みそが腐ってんだよ!」

「また馬鹿が散らかしてるわ。ここ! 頭悪ッ!」

「いい加減にしろよ馬鹿! どこまで頭悪いんだよ!」

音声は聞き取り辛いですが、言葉の暴力が行われていることがわかります。

そして、子供たちの父親である富川悠太アナが止めに入ることもなく、子供たちをかばうこともなかったらしいことに驚きます。

息子たちをかばおうとしない富川悠太アナ

近隣住民も、富川悠太アナが息子たちをかばおうとしないことに違和感を感じるといいます。

「富川さんは子供がものすごい勢いで怒られていても何も言わないんですよね。本当空気のような存在です。富川さん自身が奥様にきつく怒られている場面を見かけたこともありました。屋上で子供と一緒に靴を洗っていて、奥様から『なんで洗剤の使い方もわかんねーんだよ!』と怒られていました。富川さんは怒られながらも黙々と洗っていました」

テレビ朝日は文春報道を全否定

テレビ朝日は、文春の富川悠太アナの妻の児童虐待疑惑に関する取材に対して、文章でコメントを出しています。

テレビ朝日のコメントは《ご指摘の日時に警察の方などが富川アナウンサーの自宅を来訪した事実はありましたが、いずれの日についても、通報されたような事実はなかったことが、その場で確認されたと聞いております》というものでした。

つまり、事実ではないと全否定してますね。

ところが、全否定しているのにテレビ朝日も富川悠太アナ本人も、文春が「誹謗中傷記事」を掲載したことを名誉棄損で訴えたりしていません。

それどころか、それっきりこの話題に触れないようにして1年が経過しました。

富川悠太アナの妻とは

富川悠太アナと妻の美季さんは、2006年に結婚しています。

ウィキペディアには「2006年11月 一般人の女性と結婚。子は男子がふたり。」と書かれていますが、息子さんたちは現在中学生と小学生だそうです。

富川悠太アナ妻のインスタは?

富川美季さんはプリザーブドフラワーを扱う仕事をされていて、インスタには仕事用のアカウントがありました。

この投稿は2014年の7月ですから、ずいぶん前の投稿です。

最新の投稿が2016年の9月なので、もう使われていないアカウントか、更新が続けられなくなって放置されたアカウントでしょう。

プリザーブドフラワーのBeautifulSeason

BeautifulSeasonと名付けられた、プリザーブドフラワーの教室のホームページには、富川美季さんのプロフィールが掲載されています。

まだ作成途中のホームページのようですが、美しいプリザーブドフラワーの写真がたくさん掲載されています。

プロフィールには、富川美季さんが富川悠太アナの妻であることは書いてありませんが、インスタ画像と同じ女性に見えませんか?

児童虐待疑惑は富川悠太アナではなく妻の責任なのか

気になるのは、この児童虐待疑惑が富川悠太アナには責任がなく、まるで妻の性格のせいであるように受け止められていることです。

文春の書き方にも悪意を感じます。

富川悠太アナは多忙で、家で過ごす時間が短いかもしれませんが、それにしても家族に無関心過ぎると感じませんか?

文春が報じた、怒鳴り散らす妻をいさめるでもなく、息子たちをかばうでもなく、という態度に、妻である美季さんだけが子育てや家庭の重さを引き受ける関係が想像されます。

妻・美季さんは「いっぱいいっぱい」だったのでは

富川アナの妻、美季さんは、余裕を持って子育てや家庭を引き受けられる女性ではなかったようです。

子育てと、家庭をちゃんと運営していくことでいっぱいいっぱいになっていたんでしょう。

そんなことは別に珍しいことではありませんし、責められることでもありません。

それで苛立つ母親というのも、世の中にいくらでもいます。

プリザーブドフラワー教室の、作りかけのホームページや放置されたインスタを見ると、実際には子育てや家庭にエネルギーを使い果してしまっているのに、「わたしだって家庭ではない場所で働いて活躍していたい」という願いを感じて、身につまされます。

夫である富川悠太アナは、妻の願いを知っていたでしょうか。

子育てや家庭を、妻と共に背負おうとしていたでしょうか?

妻と息子たちのその後は?

児童虐待疑惑が報じられたとき、息子たちは大丈夫だろうか、と世の母たちは心配しました。

文春は児童虐待疑惑を一度報じたきりで、続報はありません。

テレビ朝日も、富川悠太アナもだんまりを決め込んでいます。

あらためて調査してみてわかったことは、まるで報道規制されたかのようにその後の情報が一切ないということです。

おそらくこれは、報道規制があったわけではなくて、局アナである富川悠太アナの家庭の事情に、それほど需要がないということだろうと思います。

文春砲がよい作用をもたらしたか

それでも、文春に報じられた「近隣住民」のうちの誰かが「またやってる!」と思えば文春の記者に知らせただろう、とも思います。

ということは、文春が児童虐待疑惑を報じたことが、何かよい作用をもたらしたのだと考えてよいと思います。

富川悠太アナの報ステ出演が減って、少し余裕が生まれて、その余裕がいい具合に働いた可能性もあります。

子供が育つ間、父親は子育てとは関係なく働き続けてキャリアを積み上げ、母親は仕事をリタイアするか仕事をセーブして子育てにエネルギーを使う、というやり方はもう通用しなくなったんでしょう。

働き方革命を言うなら、次世代を育てている家庭からお先にどうぞ~!

テレビ朝日

テレビ朝日の男性アナウンサー情報です。
テレビ朝日の看板アナウンサーと言えば富川悠太アナ?じゃなくて小木逸平アナ?坪井直樹アナもイケオジではありませんか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました